#navi(../)

*第1回アンケート [#q457f845]

**コーディング規約を[[PSR-2>http://www.infiniteloop.co.jp/docs/psr/psr-2-coding-style-guide.html]]にも準拠させるべきか &color(red){決定};[#b1ba61ed]
現在のPukiWiki Adv.の現在のコード記法は、概ね[[CodeIgniterのコーディング規約>http://codeigniter.jp/user_guide_ja/general/styleguide.html]]と[[PSR-1>https://github.com/php-fig/fig-standards/blob/master/accepted/PSR-1-basic-coding-standard.md]]に準拠させて作っています。PSR-2は、ベースとなっているCodeIgniterのコーディング規約と競合している箇所が多いため、見送りになっています。(現状でもメソッド名がcamelCaseになってないなど迷走中)
#vote(はい[5],いいえ[0],readonly)

なぜ、これに準拠させる必要があるのかは、Zend Frameworkに合わせたという理由以外に、以前無印版で[[httm_request命令がPHPの命令とかち合ってPukiWikiが動作しない>dev.:BugTrack2/290]]という問題が発生したためです。この他、xpWikiのように別のCMSなどにPukiWiki Adv.を組み込む想定なども考慮しています。
:参考|
--[[PHP-FIG>http://www.php-fig.org/]]
--[[PHP: The Right Way>http://ja.phptherightway.com/]]
--[[PSR-0はなぜ0(≒最重要)なのか>http://blog.tojiru.net/article/278307117.html]]
--[[PSR-0, 1, 2を日本語に翻訳してみました>http://www.infiniteloop.co.jp/blog/2012/10/psrphp/]]

**pkwk_output_dtdを廃止してHTML5.x((厳密にはPukiWiki Adv.はXHTML5です))前提にするべきか &color(red){廃止決定}; [#xcc6522f]
理由は簡単です。HTML5はXHTMLと比較してかなり規約が緩いです。わざわざHTMLのバージョンを分けて宣言する必要があるかということです。
#vote(はい[3],いいえ[0],readonly)

**TrackBack機能((ちなみに、無印版のTracBack機能は、2006年ごろMovableTypeのライセンスが明示されていない実装サンプルに含まれていたCSSを無断使用したことが発覚しTrackBack機能そのものが廃止になっています。Adv.のベースとなっているPlus!でこの機能が削除されなかったのは、該当箇所を書き直したからです。Adv.は当然これを引き継いでいるので、少なくともライセンス上は問題ありません。))は不要か &color(red){廃止決定};[#pa6e1539]
最近、あまり使われている形跡がない上に、スパムの温床となっているTrackBack機能を廃止することを考えています。このため1.0では、デフォルトでTrackback Autodiscoveryを無効化しました。これの代わりに[[PingBack>http://lowlife.jp/yasusii/stories/7.html]]機能(参考:[[開発日記/2012-11-02]])をつける予定です。
#vote(はい[11],いいえ[1],readonly)


**SQL対応は必要か &color(red){決定}; [#me8cc484]
2.0では、検索能力向上のため、SQL前提の設計になりますが、どの程度需要がありますか?なお、MySQLが使用できないサーバーではSQLiteを用いて実装します。SqliteはPHP5で標準でインストールされるため、「SQL使えないんだけど」という意見はナシで。言うまでもありませんが、今後[[削除が予定されているmysql関数>http://www.php.net/manual/ja/intro.mysql.php]]ではなく[[PDOクラス>http://php.net/manual/ja/book.pdo.php]]による実装であるため別にMySQLにこだわっていません。また、関連リンクの処理はすでにSQLiteになっています。
#vote(はい[9],いいえ[0],readonly)
:参考|
--[[PHP The Right Wayのデーターベース>http://ja.phptherightway.com/#データベース]]