流体グリッドシステムの追加

簡単に高度なグリッドレイアウトを実現するためのプラグインrow.inc.phpとspan.inc.phpを追加しました。これは、Twitter Bootstrapの流体グリッドレイアウトPukiWiki移植です。

基本的に以下のように使用します。spanの値は、ページの幅を12分割した値になります。例えば、半分に分けたい時は、それぞれ6になり、3分割したい場合は、4になります。ここの最大値が12になるようにしてください。

#row(true){{{{
#span(4){{
|a	|b	|c	|h
|sss	|HDD	|	|
|aaa|ss|ff	|
}}
#span(4){{
#calendar
}}
#span(4){{
#vote(A[1],B[2],aaaa[1],aaasasa[1],addchoice)
}}
}}}}
abc
sssHDD
aaassff
Selection Points Vote
A 0
B 1

注意したいのは、PukiWikiのエンジンの都合上外側におかれるプラグインは、#ref(): ERROR: File not found: "と" at page "開発日記/2012-09-29" の数が増えるところです。このため、#rowでは、常に括弧の数が4つ以上になります。例えば、さらに括弧が必要になるプラグインを#span内に入れたい場合は、

#row(true){{{{{{
#span(6){{{{
#sh(){{
テスト
}}
}}}}
#row(6){{{{
このようにソースがややこしくなります。
}}}}
}}}}}}
テスト

このようにソースがややこしくなります。

とはいえ、テーブルによる段組よりも簡単にレイアウトを組むことができる上、ページの幅によって幅が自動調整されるので、高度なデザインも可能になります。

Voteプラグインをsおsonots氏のVotexプラグインに変更

投票箱のプラグインは、sonots氏のVotexプラグインPHP5.4に対応させたものに入れ替えました。これに伴い、vote2.inc.phpは廃止になっています。